前年比190%!(※)『GoToトラベル』キャンペーン東京解除の効果で、国内ツアーの検索ユーザーが急増!

プレスリリース

  • 2020年10月19日(月)

 株式会社ベンチャーリパブリック(本社:東京都港区 代表取締役社長:柴田 啓)とLINE株式会社(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:出澤 剛)で共同運営する国内最大級の総合旅行情報メディア「LINEトラベルjp」では、 このたび、 『GoToトラベル』キャンペーンに関連するデータ分析を実施いたしました。

 今夏、 官民一体型の地域活性化、 国内観光需要喚起を目的とした『Go To トラベル』キャンペーンが開始され、 このほど東京発着の旅行も追加されたことにより、 「LINEトラベルjp」のユーザー動向が例年と大きく異なっております。

 最たるものの一つとしては、 『GoToトラベル』キャンペーンに東京発着の旅行の追加以降、 国内旅行を検索するユーザー数が前年比約190%(※)を記録しているなど、 ここ数年では見られなかった全く新しい動きが表れているように見受けられます。
(※)2020年10月19日現在、 直近3週間日次平均、 当社調べ

以下、 例年と異なる顕著な事例を紹介いたします。

■「新しい旅行様式?!」その1
LINEトラベルjp 国内旅行検索ユーザー数(2019 VS 2020)※9月1日以降日次推移 対象:東京発着ツアー


■「新しい旅行様式?!」その2
LINEトラベルjp 秋の行楽シーズン人気エリア(2019 VS 2020)※対象:東京発着ツアー


■「新しい旅行様式?!」その3
LINEトラベルjp 日帰りツアー検索数(2019 VS 2020)※9月1日以降日次推移 対象:東京発着ツアー


 『GoToトラベル』キャンペーン実施後、 特に東京発着の旅行がキャンペーンの対象となることが確定した以降、 国内旅行をしようと考えるユーザーが急激に増えていると考えられると同時に、 3密を避ける意識を反映して例年とは違ったエリアが人気を博しているようです。 定番の京都や大阪を抑えて、 金沢方面への旅行が人気ナンバー1となっていることなど、 Withコロナ時代の象徴のようにも見受けられます。 また日帰りツアーの需要も徐々に回復し東京近郊へのバスツアーが人気となっていることも、 同じくWithコロナ時代の象徴と考えられるでしょう。

 LINEトラベルjpは今後とも、 LINEトラベルjpをご利用の皆様それぞれに最適なご提案ができるサービスを目指してまいりますとともに、 有益な情報の提供にも努めてまいります。

< LINE トラベルjp  について>

 ベンチャーリパブリックとLINEが共同運営する『LINEトラベルjp』は、 国内および海外旅行の情報を専門に扱い、 国内最大級の月間訪問数を誇る総合旅行情報メディアです。 大手旅行会社を含む約250社が販売する厳選された110万件を超える格安航空券、 国内外パッケージツアーをまとめて検索・比較することができるほか、 国内約35,000軒および海外約200万軒のホテル・宿についても横断検索することができ、 また、 旅専門家が教える『LINEトラベルjp 旅行ガイド』では、 現地の様々な観光・地域・文化・アクティビティーに詳しい専門家(ナビゲーター)が、 旅先の新たな魅力を発掘・発信しています。

本社所在地:東京都港区西麻布4-3-11泉西麻布ビル
事業内容:旅行など消費者による購買活動の支援を目的としたメディア運営事業等
代表者:代表取締役社長 柴田 啓
設立:2013年8月1日(2001年創業)

■国内・訪日ニュース

IDM 2020 TOURISM DX SUMMIT

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ